iOS 8.3 脱獄 TaiG 2(JailBreak )手順

シェアお願いします...

やっと待望のiOS8.3のJB用アプリ(TaiG2)が公開されましたね!

TaiG2 #1

そこでiOS8.3のJB手順を作成したのでよければ参考にしてください。
でもその前にこの記事(2015/06/24)時点では以下のことを確認してから実施してください。
****注意****
iTunesのバージョンを確認してください!
今回のJBはiTunesのバージョンが「12.0.1.xx」である必要があり最新バージョン「12.1.2.xx」では対応できないためもしiTunesのバージョンが最新の場合、ダウングレードする必要があります。
iTunesのダウングレード方法は単純に現行のiTunesをアンインストールしてバージョン「12.0.1.xx」のiTunesをインストールするだけですが、以下の手順で行ってください。
iTunesのバージョンはiTunesを起動後、ヘルプメニューのバージョン情報から確認できます。
2.iTunesバージョン#2
本体(iTunes)以外にも削除するアプリがあるので注意してください。
・Windowsの場合
「コントロールパネル」→「プログラム」から以下のファイルをアインストールしてください。
・アンインストールするアプリ

プログラムのアンインストールまたは変更画面の一覧から以下のアプリを削除してください。

iTunesアンインストール

※Windowsが32ビット版の場合、
「Apple Application Support(64ビット)」はないので削除する必要はありません。

アンインストールが完了したらバージョン(12.0.1.xx)のインストールです。

・iTunesのダウンロード
・Windows(32ビット版)はココからダウンロードできます。
・Windows(64ビット版)はココからダウンロードできます。

5-0.iTunes12.0.1.26インストール 7-2.iTunes12.0.1.26インストール

8.iTunesバージョン12.0.1.26

iTunes(12.0.1.xx)のインストールが完了したら次は脱獄準備です。

・iOS 8.3 脱獄(JailBreak)準備
 まずはTaiGのバージョン2を以下からダウンロードしてください。
・TaiGホームページからダウンロードするにはココ

・直接「TaiGJBreak_EN_2000.zip」を直接ダウンロードするにはココからできます。
尚、圧縮ファイルをダウンロードしたら解凍してください。

****注意!****

脱獄、JailBreakはとても危険な行為です。
故障するリスクも大いにあります。


どのような自体になっても自分1人で解決できる能力と、全ての事柄を自己責任で実行出来る方のみ読み進めてください。
必ず脱獄前にはバックアップを行ってください!

1.まずは念のためiPhoneをバックアップしておきましょう。
・iTunesでバックアップを取ります。

2.iPhoneの「パスコード」、「iPhoneを探す」、「自動ロック」をオフにします。

(各設定方法は以下の通り)
パスコード:「設定」→「パスコード」→「パスコードをオフ」
iPhoneを探す:「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」→「iPhoneを探すをオフ」
自動ロック:「設定」→「一般」→「自動ロック」→「しない」


3.解凍した「TaiGJBreak_EN.exe」を起動します。

1.TaiGJBreak_EN※「TaiGJBreak_EN.exe」を起動します。


4.TaiG2画面の「3KAssistant|2.3.0」のチェックを外します。
4.TaiG2起動チェック外す 3.TaiG iTunesのバージョン違いでNGのメッセージ
※iTunesのバージョンが12.0.1以外だとこの画面が表示されます。


5.表示されたメッセージを「×」で閉じます。
5.TaiG2-メッセージを×閉じる

6.画面には「Cydia|1.1.16」だけが表示されチェックされていることを確認します。
7.「Start」ボタンをクリックしてJBを開始します。
6.TaiG2-Start
8.TaiG2画面の進行表示が99%~100%でJB処理が完了すると端末が再起動します。
7.TaiG2-99% xx7.TaiG2-完了

Jailbreak succeeded!!!!!
(脱獄成功!!!!)
これで完了です。お疲れ様でした!

再起動後、端末にCydiaがあれば無事JB完了。
楽しいJBライフをお過ごしください。。。

cydia

よければシェアお願いします!

シェアお願いします...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。